人生八十才が一般的になって来た今の時代、健康維持のことを前面に出したものを頻繁に見るようになった印象を持ちます。まだ健康に関する事は気遣わなくても問題がないやと甘く見ていたけど、30才に達してから、自身の健康のことを熟考する時が到来したように感じます。健康って心と体の両方が良い容体と言う事ですが、病人じゃないからと言って健康だと言う事にはならず、メンタルでもベストである必要があります。それらを頭に入れ30歳に突入した自分が心と体とも良くなる事とはどんな事を行うべきかをあれこれ考えないとの印象を受けます。毎日の生活を規則的で程よく運動をやるところからが健康へ向かうファーストステップかなと思います。30才代では将来の生涯を病気知らずで過ごして行く準備をする為の時間であると心に留めて生活を持続してみると言うのはいかがでしょう。

健康を気に掛けるようになったアラサー世代。ここからの自分自身についての一考

多くの人の健康に対する興味が強くなった今ごろ、もっと若い頃までは一切健康なんて思ったことさえもなかったのです。しかしながら、アラサーに達し気になるようになったと感じます。自分の健康に対して本腰を入れて熟慮すべき時が来たようです。アラサーになり、呑んだ翌日の朝に二日酔いがハードだったり、夜明かしすると疲労が取れないとか、20才代とは異なった体調の変化を感じるものなのですが、今の生活じゃ身体に良い生活とは言えないなと反省する事が良くあるようになってきたみたいです。アラサーに入り無茶ができないなと深く感じる様になってしまいましたが、うまくいくつもの健康を保つための方法論を実行してなるべく健康的な一日一日を維持するように努める事がこれからの30歳代を楽しみながら生きて行く秘訣と思います。

ホームに戻る

Back to Top