一般的に健康に対する関心が高くなってきた今ごろ、もっと若い時はちっとも健康とか意識したこともなかったのです。けれど、三十才を過ぎて少しずつ気になるようになってきたと感じます。自分の健康に対して真面目に熟慮すべき世代を迎えたと思います。書籍等にいくつもの健康を保つための色々が書かれており、初めに何をしたら正しいのだろうかと探り中なのです。とにかく一番に私自身の生活の内容の見直しを行う必要であると思います。そのことで勝手に要る健康の方法が見つけ出せれる様に感じます。毎日の暮しをきちんきちんとし自分に合うスポーツを行なうところが「健康」へ向かう第一歩なのかなと考えています。30才の間はこれからの暮しを健康に過ごす用意をするための期間なんじゃないかと念頭におき暮しを維持してはどうでしょう。

自分の健康を気に掛けるようになったアラサー世代の私。ここから先まで続く自分自身の健康維持について考える。

人生八十歳以上が一般的になってきている今日この頃、健康の維持増進のことを謳った物とよく出くわすような感じがします。まだまだ健康について等気にしなくても構わないやと考えていたけど、30才を過ぎて、自分自身の健康のことを熟考すべきときが来たように感じます。30才になって、飲んだあくる日がひどかったり、睡眠時間が少ないと朝起きれないなどと最近までとは異なったカラダの変容を心底感じるものです。こんな状態の暮らしじゃヘルシーじゃないのではないかと自らを律する事が良くあるようになります。30才を越えてしまったとは言っても、充分若者だと思います。将来の夢等多くあるでしょう。その実行の為にも病まないよう注意するべきと考えます。健康維持の方法だけに任せるのではなくて生活の内容を整え病気もせずに三十代の毎日を過ごさなければと思っています。

ホームに戻る

Back to Top